看護のお仕事派遣

派遣社員と紹介予定派遣の違いについて


こんにちは、
丈夫遷朗(じょぶ・うつろう)です。
キャリアカウンセラーです。

ここでは、一般の派遣社員と紹介予定派遣について
説明いたします。

一般の派遣社員とは

派遣社員は、
登録型派遣と常用型派遣に分類されます。

登録型派遣は

派遣会社に派遣登録を行います。

仕事先が見つかれば、
派遣会社と雇用契約を結びます。

仕事先との派遣期間が終了すると
派遣会社との雇用契約も終了です。

常用派遣は

最初から派遣会社と雇用契約を結びます。

派遣先との派遣期間が終了しても
派遣会社との雇用契約は継続します。

 

一般的に派遣社員と認識されているのは

登録型派遣 ですね。

 

紹介予定派遣とは

それでは、紹介予定派遣とは
どういうものでしょうか?

 

紹介予定派遣は
派遣契約終了後に、

派遣先に直接雇用をされることを
前提として派遣されます。

 

直接雇用の雇用形態は
正社員の場合もあれば
契約社員など非正規社員の場合もあります。


紹介予定派遣では
まず、一定期間
派遣社員として就業します。

この期間は登録型派遣社員と同じです。


そして派遣契約終了時に
働く側と派遣先の両方の合意の上で
直接雇用となります。

なお、紹介予定派遣は
派遣社員としての
就業期間は最長6ヶ月と
決められています。


直接雇用になるかどうかは
自分の意志も反映できます。

自分に合わない会社であれば、
断ることも可能です。


派遣先の会社は、
派遣期間終了後に直接雇用します。


それが前提条件で
働いてもらうということですね。

そのため、
派遣の仕事が開始される前に
書類選考や面接をして
選考することが認められています。


働く側から見れば、
最初は派遣ですが、
契約期間終了後に直接雇用が約束されています。


なお、
通常の登録型派遣の最長は3年ですが、
紹介予定派遣の最長は6ヶ月です。



クレア

 

プロフィール

50代のキャリアカウンセラー 丈夫遷朗(じょぶ・うつろう)です。
10年以上に渡り数千人の転職支援をしてきました。

最近は転職を希望している看護師さんも増えています。
しかし、周りの目やしがらみもありなかなか踏み切れないでいます。
そこで、そんな看護師さんを応援するためのサイトを立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちらです

 

 

 


キャリアプレゼント 


【MC-ナースネット】 


ジョブメドレー 看護師 

 


FC2 ブログランキング


転職活動ランキング

ブログ王ランキング

© 2021 看護師の転職 rss